STAFF ROOM

疾患管理室

 

<インフルエンザの予防について>

インフルエンザの予防にはワクチン接種が有効です.毎年10月になりましたら,ワクチン接種のアナウンスが出ますので,案内に従い極力早い段階で接種してください.

また,周囲の方々にも極力ワクチン接種をしていただきましょう。特に同居している家族には,ワクチン接種の重要性を理解して頂き,本人と家族の人のためにもワクチンを受けていただくようにしましょう。

保菌者が身近にいる場合,ワクチン接種をしても感染する可能性が高まりますし,感染・発症しなくとも,看病のために様々な迷惑を掛けることになります。ワクチン接種の可否は,自己の問題だけはなく,周囲への問題でもあることを認識いたしましょう。

ワクチン接種をしていると,仮に感染しても発症は軽く済むことが多く,また,通常の風邪も引きにくくなることが知られています。また,新型のインフルエンザであっても,感染しにくくなったり,軽症で済む可能性も高まりますので,ワクチン接種は重要です。

自分の体力を過信したり,ワクチンの副作用を恐れ,ワクチン接種に否定的な人を見かけますが,現在の医学で,インフルエンザに対し科学的に根拠のある予防法はワクチン接種のみです。医療人として,この事実に従い,自分だけではなく,周囲の人を含めインフルエンザワクチンを受けるように心がけましょう。

 

<インフルエンザの治療について>
  1. インフルエンザが疑られる場合,まずは医師の診察をうけましょう.
  2. 緊急の場合(ワクチン接種前や直後で抗体が出来ていない場合やパンデミック等で受診困難な場合)でインフルエンザの症状(38~40度以上の急な発熱に加え,呼吸器症状(喉の痛みや咳など),頭痛,関節痛,筋肉痛のうち2項目に当てはまる症状)が出た場合,当院ドクター(歯科医師)の判断により,スタッフに限りリレンザを処方します.
  3. 個人的な理由,医師の診察を受けたくない,仕事を休めない,時間がないなどの理由により、医院で備蓄しているリレンザを提供することはできません。各自で個人用としてリレンザを備蓄したい場合、医院が薬卸業者から購入する際に個人購入の案内がありますのでその機会に購入してください.

吸入方法
成人の吸入方法(ビデオ)
小児の吸入方法(ビデオ)
説明文書
リレンザを処方された患者様・ご家族・周囲の方々へ

 

<インフルエンザでの欠勤について>

  1. インフルエンザが疑られる場合、所属長に直ちに報告するとともに、必要な措置をとりましょう(就業規則第67条 感染症の届出)。
  2. 出勤停止期間は、原則として学校保健安全法(発症後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまで)に準じ、所属長が指定します(就業規則第66条② 就業の制限および停止)。
    例1:2/1(月)に発症し2/3日(水)に解熱した(平熱に戻った)場合、2/7(日)から出勤可能
    例2:2/1(月)に発症し2/4日(木)に解熱した(平熱に戻った)場合、2/7(日)から出勤可能
    例3:2/1(月)に発症し2/5日(金)に解熱した(平熱に戻った)場合、2/8(月)から出勤可能
    *特別な事情がある場合は、各所属長と相談の上、出勤停止期間の変更は可能ですが、解熱後2日を経過するまでの出勤は不可とします。
  3. 出勤停止期間中の欠勤は、有給休暇を消費するか(就業規則第44条3)休み(減給)とするか(就業規則第39条4 欠勤)は、各所属長と相談の上、事務長まで申告してください。
  4. 出勤停止期間中の外出は禁止です。
  5. 復帰後は、診断書(インフルエンザとわかる書類であれば、お薬手帳等でも可)と欠勤届を速やかに提出してください(就業規則第39条 欠勤)

 

ここに掲載されている全ての記事・写真の無断転載を禁じます。
このマニュアルはアーク歯科クリニックのスタッフにのみ閲覧ならびに使用が許可されております。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。