STAFF ROOM

電脳白板

名前
メールアドレス
タイトル
内容
削除キー

(入力しておくと、自分の記事を削除することができます)

0170
研修会順番
名前

鈴木大悟

投稿日

2022/06/23 12:49:31

2022
6月  柴田
7月  中村
8月  T
9月  D
10月 M
11月 T2
12月 高杉
2023
1月  齋藤
2月  UA
3月  B
4月  宿谷
5月  松本
6月  花野井

0169
6月リアル研修会
名前

柴田美香

投稿日

2022/06/14 15:48:16

日時:2022年6月22日(水)18:30~
場所:市ヶ谷オフィス 研修室
演者:柴田美香
演題:スケーリング・ルートプレーニング

<内容要旨>
スケーリング・ルートプレーニング(SRP)はプラークコントロールと共に歯周治療の基本となるものです。歯根面のプラークと壊死セメント質を含めた歯石などの沈着物を除去する事で歯周組織の治癒が起こります。スケーリング・ルートプレーニングを正しく行う為には器具の選択、把持法、運用法などを理解していなければなりません。
今回はスケーリング・ルートプレーニングについて「歯科臨床ファーストレシピ2」の内容を発表致します。

<レコーディングビデオ>
https://drive.google.com/file/d/1jIGMer-Vc1jQWx7qCrv1cRuntefnynk6/view?usp=sharing

0168
5月リアル研修会
名前

花野井祐子

投稿日

2022/05/11 16:59:01

日時:2022年月日(水)18:30~
場所:市ヶ谷オフィス 研修室
演者:花野井祐子
演題:口腔衛生指導

<内容要旨>
歯科の2大疾患であるう蝕と歯周病は、プラークによって引き起こされます。すなわち、外来性の細菌やウイルスが引き起こす疾患と違い、内在性の細菌が引き起こす疾患です。治療の基本は原因除去療法ですが、外来性の細菌やウイルスを体内から駆逐して治療する疾患と異なり、プラークを口腔内から完全に駆逐することはできません。このため、術者がう蝕や歯周病を治療したとしても、口腔内にプラークが存在する以上、再発のリスクは常に存在します。その病原因子であるプラークを、問題の起こらないレベルまでコントロールし、その主体は患者さん自身であることを認識してもらうために、口腔衛生指導はとても重要であり、歯科衛生士の担う役割も大きなものだと考えます。
今回は、口腔衛生指導について「歯科臨床ファーストレシピ」の内容を私なりにまとめましたので発表いたします。

0167
4月リアル研修会
名前

松本朱里

投稿日

2022/04/13 14:08:55

日時:2022年4月27日(水)18:30~
場所:市ヶ谷オフィス 研修室
演者:松本朱里
演題:歯周組織検査

<内容要旨>
歯周病の有病率は他の疾患に類をみないほど高く、社会および国民に与える影響はきわめて大であり、歯周病の治療および予防への取り組みは今後の重要な課題となっています。
歯周組織検査の目的は、歯周病の進行程度や原因を把握し「正しい診断」と「適切な治療計画」を立てるための情報を得ることであり、そのためには、適切な歯周組織検査を行う必要があります。
正しい歯周組織検査の知識と方法を習得したいと思い、歯周組織検査についてまとめましたので発表いたします。

0166
4月リアル研修会
名前

松本朱里

投稿日

2022/04/13 14:05:25

日時:2022年4月27日(水)18:30~
場所:市ヶ谷オフィス 研修室
演者:松本朱里
演題:歯周組織検査

<内容要旨>
歯周病の有病率は他の疾患に類をみないほど高く、社会および国民に与える影響はきわめて大であり、歯周病の治療および予防への取り組みは今後の重要な課題となっています。
歯周組織検査の目的は、歯周病の進行程度や原因を把握し「正しい診断」と「適切な治療計画」を立てるための情報を得ることであり、そのためには、適切な歯周組織検査を行う必要があります。
正しい歯周組織検査の知識と方法を習得したいと思い、歯周組織検査についてまとめましたので発表いたします。

0165
3月リアル研修会
名前

西田哲也

投稿日

2022/03/21 22:38:03

日時:2022年3月23日(水)18:30~
場所:市ヶ谷オフィス 研修室
演者:西田哲也
演題:印象採得 ーシリコーン印象の準備と介補ー

<内容要旨>
印象採得は、歯科診療にとって重要なステップの一つです。昨今の歯科界も分業化が進み、技工操作を歯科医師が行わないことがほとんどで、印象採得は歯科医師から歯科技工士に治療を引き継ぐいわば、バトンパスともいえるステップです。
精密な印象を得るには、印象操作における術者と介補者のチームワークが大切であり、両者が印象材やトレーの目的・特徴などを理解し、適切かつ円滑な作業をすることにより達成することができます。今回、精密な歯科治療に絶対不可欠なシリコーン印象に関し、その基本的な事項について確認し理解を深めたいと思います。

0164
1月リアル研修会
名前

喜田 大地

投稿日

2022/01/17 10:32:56

日時:2022年1月26日(水)18:30~
場所:市ヶ谷オフィス 研修室
演者:喜田大地
演題:歯科診療における偶発症について

<内容要旨>
アーク歯科に勤務する皆様は、事故が起こらないよう細心の注意を払って日々の診療に臨んでいることと思います。
しかしながら、いかに注意していても意図せず発生する「偶発症」のリスクは、常に臨床と隣合せにあります。
偶発症には比較的軽度なものから重度なものまで様々な種類がありますが、症状によっては患者さんの命を危険に晒す可能性もあります。
そこで今回は歯科診療における偶発症にはどのようなものがあるのか、もし発症した際にはどのような対応・処置が必要となるのかについて発表したいと思います。

0163
12月リアル研修会
名前

太田 有美

投稿日

2021/12/15 10:32:18

日時:2021年12月22日(水)18:30~
場所:市ヶ谷オフィス 研修室
演者:太田有美
演題:これからの訪問歯科診療について

<内容要旨>
超高齢社会の日本で歯科医師、歯科衛生士として避けては通れない訪問歯科診療。
何をどうすればいいのか、分からないからやりたくない。どうせちゃんとした治療はできない。様々な理由から訪問歯科を行う医院は少なく、供給は間に合っていません。
死因第5位の肺炎を予防する口腔ケアは命のケアと言われています。
今回は、検査や誤嚥性肺炎を含めた訪問時のポイントをまとめました。
訪問歯科に対する考え方を少しでもポジティブにできるような研修会にできたら、と思っています。

0162
11月リアル研修会
名前

宿谷 綾子

投稿日

2021/11/10 10:31:33

日時:2021年11月24日(水)18:30~
場所:市ヶ谷オフィス 研修室
演者:宿谷 綾子
演題:歯周病学会認定歯科衛生士取得の流れ

<内容要旨>
現在アーク歯科には歯科衛生士が7名所属しています。その中で歯周病学会認定歯科衛生士の資格を取得しているのは2名です。取得していない衛生士の中には認定を取得する為に準備を進めている方もいらっしゃいます。また、取得したいとは思っていても、実際にどのような準備をしたらよいか分からない方もいらっしゃるかもしれません。
スライド作成にあたり歯周病学会のHPを見たところ、私が申請した11年前とは違い、電子媒体と紙媒体での申請方法になり、2023年申請分から提出する5症例全てにレントゲン写真が必須になるなど、申請方法も変わってきています。
今回はこれらを踏まえた申請の方法や申請のための準備についてまとめました。
今後認定取得に興味のある方がこのスライドを参考に取得に挑戦して頂けたら幸いです。

0161
10月リアル研修会
名前

山田智子

投稿日

2021/10/13 10:30:55

日時:2021年10月27日(水)18:30~
場所:市ヶ谷オフィス 研修室
演者:山田智子
演題:心肺蘇生法ガイドライン改訂について

<内容要旨>
2021年7月、心肺蘇生法のガイドラインが改訂されました。基本的な事項に大きな改変はありませんが、新型コロナウイルス感染症流行下での救急蘇生は、急変患者全員が「感染があるもの」とし、感染防護策が求められます。今年も消防署での講習会が中止となり、実習はできませんが、今回の改定で新たに加えられた点を中心に基本的なことをスライドにまとめましたので発表させていただきます。

ここに掲載されている全ての記事・写真の無断転載を禁じます。
このマニュアルはアーク歯科クリニックのスタッフにのみ閲覧ならびに使用が許可されております。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。