インプラントのアーク歯科

番町オフィス:〒102-0085 東京都千代田区六番町1-5 布江ビル1F TEL:03-5212-4618(シロイハ) お問い合わせはこちら

後楽オフィス:〒112-0004 東京都文京区後楽1-2-9 AZキュウブビル1F TEL:03-3813-4618(シロイハ)

インプラント治療とは 当院でのポイン ト 費用 治療の流れ 良 くある質 問 症例集 インプラントブログ

■■インプラントブログバックナンバー■■

イ ンプラントブログバックナンバートップへ戻る
2008.02.12 Tuesday ネガティブ キャンペーン
一昔前、米国内のペプシのCMであからさまにコカ・コーラを比較対象としたCFがあっ た。内容は覚えていないが、ユーモラスに皮肉ったシナリオは、微妙絶妙とも意見が分かれるような内容であったと記憶している。

問題は、そのCMを日本国内でそのまま流すことだ。当然、そのまま日本のお茶の間に流れることはなく、オブラートに包んだ内容となった。日本の法律または 慣例で、比較広告は禁止されている。CMの中で比較する際には、必ず自社製品との比較としている。

米国内では比較広告どころか、ネガティブキャンペーンなることが、時々行われる。不買活動などがその典型例であろうか。20年も前の話であるが、日本の自 動車メーカーは、日本人からしてみればいわれのない攻撃を受けた。日本車というだけで、銃撃を受けたり、マスコミの前で、日の丸と日本車を焼かれた。

未だに、そのようなネガティブキャンペーンは理解に苦しむのが日本人の感覚であろうが、世界は確実に相手の弱点を合法非合法問わず突いてくる。非合法であ れば、合法になるようなルールを作ってしまうのが、世界だ。

ここ数年の歯科業界にもそのような現象を見ることが出来る。

特にドックイヤー(いやマウスイヤーか?)といわれるインプラント業界では、その動きが激しい。

7、8年間程前、業界で最大手・最古参のブローネマルクシステムズがステリオス社を吸収合併し、ノーベルバイオケア社となった。そのあたりを機に、国内で ステリオスを輸入販売していたY社は急速にインプラントの販売に支障をきたすようになったと感じた。Y社の担当者は吸収合併後もノーベルバイオケア社の製 品を扱いますので、引き続き宜しくお願いしますと言っていたが、合併後の生産ライン見直しにより様々な部品が突然廃止になり、担当者もユーザーも大変苦労 した。担当者からは、他のユーザーのため、私がストックしていた部品を譲ってくれないかと何度か頼まれたこともある。今ではY社のインプラントの取扱いは なくなって、ノーベルバイオケア・ジャパンが行っている。

結局、ステリオスは消滅した。ブローネマルクシステムズはノーベルバイオケア社に改名し、ブローネマルクとリプレイス(ステリオス)のラインアップとなっ たが、今ではリプレイスのインターナルコネクトバージョンである、セレクトが主流となっている。自社のブローネマルクシステムではなく、ステリオスの流れ であるセレクトが今後の主力製品になっていくそうだが、見事にステリオスのエッセンスを吸収し、進化させノーベルバイオケア社としての主軸にしてしまうと ころが、実に狩猟民族的だ。

当時、ステリオスユーザーだった私がこの時学んだのは、全てのインプラントメーカーはユーザーや患者のことを考えていないということだった。誰だったか、 経済学者(高名な経済学者だったと思う)が言うように、企業は企業利益を追求する。当然だ。であるならば、「ユーザーや患者のことを考えていない」と、嘆 き、遠くのほうから吠えるより、企業が目指す企業利益と我々が目指す利益が同じベクトルを目指すのが良いだろうと思った。

ただ、問題なのは、我々歯科医師の目指す利益は2つに分けられる。一つは企業利益とも言うべき、医院利益であり、もう1つは患者利益である。見分けは難し い。企業利益を追求する会社も、「お客様のために」「お客様は神様です」という。

どこを目指すかは、各ユーザーが考えればいいことであるが、私は断固、患者利益を追求するべきだと思う。患者利益を追求した結果、医院利益が生じるもの で、医院利益を達成するために患者がいるわけではないから当然だ。

そういう観点から、新規にインプラント始める先生には、助言をさせてもらうようにしている。

少し前に、インプラントのメーカー選びについて書いたが、インプラントを行う先生の最初の悩みは、その採用メーカー選びのようだ。

是非、「患者さんにとってインプラントは一生ものであること」を念頭におき、慎重に採用メーカーを選び、インプラントについて学び、技術の修練に励んでい ただきたいと思う。


イ ンプラントブログバックナンバートップへ戻る

Copyright(c) 2000-2008 アーク歯科クリニック. All rights reserved.