インプラントのアーク歯科

番町オフィス:〒102-0085 東京都千代田区六番町1-5 布江ビル1F TEL:03-5212-4618(シロイハ) お問い合わせはこちら

後楽オフィス:〒112-0004 東京都文京区後楽1-2-9 AZキュウブビル1F TEL:03-3813-4618(シロイハ)

インプラント治療とは 当院でのポイン ト 費用 治療の流れ 良 くある質 問 症例集 インプラントブログ

■■インプラントブログバックナンバー■■

イ ンプラントブログバックナンバートップへ戻る
2008.01.26 Saturday ブタオペセ ミナー

恒例のブタオペ セミナーを今 年も手伝わせて頂いた。昨年は、アストラテック・インプラント・レクチャラーズ・ミーティングに参加するため手伝えなかった が、ここ数年は手伝わせて頂いている。レクチャラーズミーティングとは文字通り、アストラインプラント講師が一同に会し、アストラインプラントの最新を勉 強しあう会である。昨年は、そのミーティングで、講演者の栄を授かり発表の機会を得た。スウェーデン大使館で行われたそのミーティングには、国内のアスト ラ公認インストラクターが30名程参加しており、久々に緊張したのを昨日のように覚えている。

さて、ブタオペとはなんぞや。

ブタの下顎を用いての、手術の練習である。ブタ顎骨は数も手に入り易く大きさも適当で、手技を研鑽するにはちょうど良いということで、私の師匠が20数年 前に米国留学から持ち帰った練習法だ。今では、あちこちの講習会でブタ顎骨を用いた講習会があるが、日本に持ち込んだのは師匠であると聞いている。

ブタオペは2日間に及び、オペ基本術式やエムドゲイン、GTRなどを学ぶ。受講生は18名で2グループに別れ、私は1グループを担当した。最近の受講生は さすがに私より年下の先生が増えてきたが、以前は殆ど、私より年配の先生で非常に気を使った記憶がある。

人にモノを教えることは、非常に自分のためになる。学生や受講生の前でデモを行いながら、話すことは、緊張感の中で見本を示すことである。正に天覧試合で ホームランを打たねばならぬ心境で臨むこととなる。

緊張の中で、いつもどおりのことが出来て初めてプロといえるだろう。むしろ、緊張したほうがいつもより気合が入っていい仕事が出来るというのがプロ中のプ ロと言える。

治療をするのに緊張しないことは無い。歯を削り、歯肉を切り、骨に穴を開ける・・・不可逆的な変化を与えることになる歯科治療を行う歯科医師で緊張しない 者などいない。その緊張の中で、思うように仕事が出来なのであれば、患者さんには大変申し訳ないこととなる。

自分に過度のプレッシャーをかけ、それを乗り越える訓練はなかなか出来ることではないが、講演会や講習会を行うことは、絶好の良い機会である。

今回のブタオペも、受講生以上に自分の勉強と訓練になった。ありがたいことである。


イ ンプラントブログバックナンバートップへ戻る

Copyright(c) 2000-2008 アーク歯科クリニック. All rights reserved.