インプラントのアーク歯科

番町オフィス:〒102-0085 東京都千代田区六番町1-5 布江ビル1F TEL:03-5212-4618(シロイハ) お問い合わせはこちら

後楽オフィス:〒112-0004 東京都文京区後楽1-2-9 AZキュウブビル1F TEL:03-3813-4618(シロイハ)

インプラント治療とは 当院でのポイン ト 費用 治療の流れ 良 くある質 問 症例集 インプラントブログ

■■インプラントブログバックナンバー■■

イ ンプラントブログバックナンバートップへ戻る
2007.12.25 Tuesday 無痛インプ ラント

お かしなキャッチを、最近、目にする。

正常なインプラントであれば、痛むはずはない。むし ろ、少々悪く なっていても痛まないので、タチが悪いことがある。
この「無痛インプラント」、手術のことを言っていると 思うのだが、 インプラントの手術は元々局所麻酔下にて行うので、痛みが無いのが当然だ。あったら、手 術なんてできない。麻酔の痛みは別として、術中に痛みがあることはほとんどない。ほとんどというのは、あることもあるということだ。理由は下顎のインプラ ント手術中に痛みが出ることがある。これは、下顎には下顎管という神経(下歯槽神経)の入った管があり、その管にドリルが近づくと、痛みとして感じる。

歯科の局所麻酔には2種類ある。一つは、効かせたい部 位に注射する 浸潤麻酔であり、もう一つは、神経の大元に近いところに注射する伝達麻酔である。大きな 手術を行うときには浸潤麻酔のみならず伝達麻酔も用いるが、通常、インプラント治療には伝達麻酔を用いない。理由は、誤って下顎管を損傷させないためだ。 最近では、歯科用CTの普及により、下顎管の損傷の可能性は極めて少なくなってきている。しかし、レントゲンはあくまでもレントゲンであり、実像を完全に 表しているわけではない。然るに、最終的には、レントゲン(CT)を参考に、術中の視覚感覚が決め手となる。自己を過信してもいけないが、レントゲンを過 信しないことも事故を未然に防ぐポイントである。

浸潤麻酔のみであれば、ドリルが下顎管に近づくと、痛 みが出る。こ れが、麻酔の奏功不足なのか、下顎管に近づいたのかの判断はCTを参考に行う。よって、下顎管の大元に伝達麻酔をしてしまい、下歯槽神経を麻酔してしまう ことは、インプラント治療の原則から外れる。

さて、この「無痛インプラント」なるものは、この下顎 管に近づいた ときにも痛まないように伝達麻酔でもしているのか・・・どうやらそうではなさそうだ。で は、麻酔の注射をするときに、表面麻酔剤を塗って、麻酔の注射の痛みをなくすことを表しているのか??いやいや、そんなありふれた処置で「無痛インプラン ト」などと吹聴しないだろう。さてさて・・・「無痛インプラント」とは・・・その正体は、次回のお楽しみと致しましょう(といっても、特別なことではあり ませんので、あまり期待せずにお待ち下さい ^_^;)。


イ ンプラントブログバックナンバートップへ戻る

Copyright(c) 2000-2008 アーク歯科クリニック. All rights reserved.