インプラントのアーク歯科

番町オフィス:〒102-0085 東京都千代田区六番町1-5 布江ビル1F TEL:03-5212-4618(シロイハ) お問い合わせはこちら

後楽オフィス:〒112-0004 東京都文京区後楽1-2-9 AZキュウブビル1F TEL:03-3813-4618(シロイハ)

インプラント治療とは 当院でのポイン ト 費用 治療の流れ 良 くある質 問 症例集 インプラントブログ

■■インプラントブログバックナンバー■■

イ ンプラントブログバックナンバートップへ戻る
2007.12.19 Wednesday インプラン ト手術のエマージェンシー

手 術にアクシデントはつきものである。むしろアクシデントは起こる ものと構えて かかる方が、万一の場合に慌てないものであると心得るようにしている。

インプラント治療におけるアクシデントには、患者さん の体に起こる ものと、イン プラント体に起こるものがある。どちらも起きてもらいたくないものであるが、起きてしまった時の対応術を心得ていると、2次災害を防止することができる。

先日、インプラントの中に折れたネジが入って取れなく なったという 相談を受け た。インプラント治療が市民権を得て、治療症例が増えてくると、当然、それに 伴うトラブルも増えてくる。なかでも、アバットメントスクリューやフィクスチャキャリアのスクリューが破断してしまい、インプラント内部に残留してしまっ たとのアクシデントは、緊急性もないので、後処置を依頼されることがしばしばある。

たった1本のネジが折れて、僅か数mmのネジの破片が 内部に残って しまったため に、そのインプラントは使用できなくなる。場合によれば摘出も余儀なくされる。何としててでも、取り出したいものであるが、この摘出が難しい。

方法はいろいろあるが、基本的には、破断したネジが雌 部に噛み込ん でいることは ほとんどなく、マイクロスコープ下にて注意深く、根気よく探針等で逆回転さ せれば上に上がってくる。プラークや血液などが介在し、回せないようなら、超音波スケーラーで振動を加えてながらまわすことを試みる。道具としては、フラ グメントフォークなるものがあるが、探針で僅かに動く場合にしか利かないと考えてよいかもしれない。

どちらにせよ、インプラントを埋め込むことだけできた のでは、対応 できない世の 中になってきたのは確かなようだ・・・。


イ ンプラントブログバックナンバートップへ戻る

Copyright(c) 2000-2008 アーク歯科クリニック. All rights reserved.