インプラントのアーク歯科

番町オフィス:〒102-0085 東京都千代田区六番町1-5 布江ビル1F TEL:03-5212-4618(シロイハ) お問い合わせはこちら

後楽オフィス:〒112-0004 東京都文京区後楽1-2-9 AZキュウブビル1F TEL:03-3813-4618(シロイハ)

インプラント治療とは 当院でのポイン ト 費用 治療の流れ 良 くある質 問 症例集 インプラントブログ

■■インプラントブログバックナンバー■■

イ ンプラントブログバックナンバートップへ戻る
2007.07.26 Thursday 歯科用CT とインプ ラント

歯科用CTとは、低侵襲で高 精度のCTです。医科用のCTと比べ、はるかに少ないX線量と 照射野で、人体にやさしく、しかも歯科治療で要求される高精度画像を得ることのできるのが歯科用CTです。

今から10年ぐらい前に、日本大学歯学部の新井先生が 発明しモリタ と共同開発を 行い世に誕生しました。

従来からインプラント治療にも医科用のCTを用いてお りましたが、 歯だけではな く頭部全てがX線被曝し、また、線量も非常に多かったことから、あまり積極 的にCTは撮られませんでした。

しかし、この歯科用CTの登場により、通常用いられる 歯科用X線機 器とほぼ同じ 程度のX線量となり、非常に簡便かつ低侵襲の診査が行えるようになり、今や インプラント治療には強力な診査ツールとして、大活躍しております。

インプラント治療において、CTを撮影しているかどう かは、治療結 果にも影響い たします。平面図から立体を想像するのには、豊富な経験もさることながら、 半分度胸も必要だとも言われていました。

より確実で安全なインプラント治療を行うには、埋め込 む先の骨の状 態を立体的に 観察できるCTは不可欠だと思われます。

そのような中で、更に画期的な歯科用CTが登場しまし た。パノラマ CTといわれる歯科用CTです。当院では、国内初のパノラマCTを導入 し ており、より安全な治療を提供したいと考えております。



イ ンプラントブログバックナンバートップへ戻る

Copyright(c) 2000-2008 アーク歯科クリニック. All rights reserved.